眼精疲労ケア・アイクリークは、隣接するかとう眼科院長加藤利博先生の監修のもと、「眼精疲労専門サロン」として2006年に開業以来約14年に渡り、オリジナルの施術をはじめ、疲れ目解消グッズの開発・販売、コンタクトレンズ販売、セミナー活動などを行っています。

施術は通常通り行っております。ご希望の方は、新型コロナウイルスへの対応について」をご確認の上、お電話(tel.045-546-2582)にてご予約ください。

大倉山店の施術を動画で紹介


アイクリーク大倉山店の営業時間は、かとう眼科に準じております。

かとう眼科HPにてご確認ください →かとう眼科

自然素材の温かさでコリと疲れがシュワーと溶ける

血行が上がると免疫力アップ!

アイクリークオリジナル温熱ピロー

クリークピロー

PCやスマホで目の疲れを感じたら

視力1.0以上の方のための度入りPC用メガネ

クリークグラス

外出を控えることで、多くの方が映像コンテンツや、ゲーム・YouTubeなどの視聴時間が増えています。特に、子どもたちは、 デジタルデバイスの視聴時間が増え、子供であっても眼精疲労を訴えるケースが増えています。

そこで、スマホ老眼と子供の眼精疲労について解説します。


疲れ目解消グッズを動画で紹介↓

疲れ目解消セルフマッサージ動画↓

 ■テレビ朝日『ワイドスクランブル』のスマホ老眼および眼精疲労の特集番組内で、かとう眼科の「眼精疲労外来」とアイクリークが取材されました。(2016年3月10日オンエア)

千葉テレビ「東国原英夫のそのまんまでは通しません!」企業紹介コーナーにアイクリークが出演しました。(2016年1月30日オンエア)


眼精疲労
かとう眼科